空気抵抗(空気摩擦力)

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「宇宙の法則・自然の摂理」です。

飛行機

物体の速度と空気抵抗(空気摩擦力)の関係

空気抵抗(空気摩擦力)とは、空気がある場で物体が運動をするとき、運動の速度に比例して運動を妨げる方向に働く力のことです。

物体の速度を v としたとき、空気抵抗(空気摩擦力)F は、

F=av( a は定数)

となります。

つまり、運動の速度が大きくなるほど、それに比例して空気抵抗(空気摩擦力)は大きくなります。

行動のスピードと周囲の抵抗(反対)の関係

新しいことを始めようとすると、周囲との摩擦が起きます。

スピーディーに結果を出そうとすれば、周囲からの摩擦(反対)はそれだけ大きくなるものです。

それが宇宙の法則です。

この周囲からの摩擦(反対)に抗って進めるかどうかが、成功できるか否かを分けることになるのです。

空気抵抗を利用している例

一方で、飛行機が空高く飛行できるのは、空気抵抗を上手く利用しているからです。

空気抵抗(周囲の反対、邪魔)がなければ簡単に成功できるのに、と考える前にその空気抵抗を上手く利用して、大きく飛躍する方法を考えましょう。

今日の問いかけ

あなたは、抵抗・摩擦・反対をどのように活用して飛躍しますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム