うまいコミュニケーションの基本

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「コミュニケーション」です。

キャッチボール

コミュニケーションの基本

政治家のインタビューって、なんだか嘘っぽく聞こえたり、信用できなかったりって感じたことはないですか?

なぜ、そんなことになるのか?

コミュニケーションの基本とも言えるお話をしたいと思います。

コミュニケーションの基本を抑えておかないと、誰もあなたの話を聞いてくれなくなってしまいます。

他人の話がうまく理解できなくなってしまうこともあります。

コミュニケーションはキャッチボール

うまいコミュニケーションは、キャッチボールに喩えられます。

キャッチボールは、向かい合って行います。

1つのボールを投げたり、受けたりします。

相手が取りやすいボールを、胸元に投げてあげるようにします。

うまいコミュニケーションは、キャッチボールのように向い合って話をします。

ボールのように言葉が、行ったり来たり交わされます。

相手が受け取りやすい・理解しやすい言葉や言い方をするようにします。

あなたはキャッチボールをしている?

あなたの普段のコミュニケーションを、振り返ってみてください。

キチンと向い合って行っていますか?
相手が話しかけているのに、そっぽを向いたまま(スマホやPC、テレビを見たまま)返事をしていませんか?
相手が投げたボールを受け取って、そのボールを返していますか?
相手の問いかけを理解して、その答えを返していますか?
聞かれたことではなくて、自分の言いたいことだけを返していませんか?
相手が取れないようなボールを投げていませんか?
相手が受け取れないような、難しい話や相手が知らない・分からない話をしていませんか?
相手を傷つけるような、暴言や妄言を吐きつけるようなことをしていませんか?

いつも顔を合わせる相手だからと言って、なぁなぁになってはいけません。

違うボールを返したら、キャッチボールにならない

冒頭の話に戻りますが、政治家のインタビューが嘘っぽく感じるのは、短い時間の中で、自分の考えや伝えたいことを話そうという思いから、質問に答えているような形を取りながら、自分の言いたいことを話しているからなのです。

つまり、相手のボールを受け取らず、違うボールを投げ返しているからなのです。

まとめ

コミュニケーションの基本は、やっぱりキャッチボールです。

キャッチボールの基本を抑えることで、信頼関係が築かれていくのです。

今日の問いかけ

相手から投げられたボールを身体の正面で受け取るところから、意識してやってみませんか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム