磨かれるとは、傷つくこと

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「自己研鑽」です。

磨かれたダイヤモンド

磨きの最初の段階は?

包丁の刃を研いだり、木工で木の表面を磨いたりしたことはありますか?

最初は目の粗い砥石ややすりを使い、少しずつ目の細かいものに変えていきます。

仕上がった刃は切れ味最高になります。

見た目はピカピカです。

仕上がった木工の表面はツルツルになります。

仕上がったものを見ると、見事に磨かれていることが分かります。

ここで、少し時間を巻き戻してみましょう。

磨く作業の一番はじめ、目の粗い砥石ややすりを使っていた段階のことです。

目の粗い砥石ややすりで、擦ったところはどうなってますか?

そう、細かい傷がたくさん付いています。

表面はかなり凸凹です。

磨きの最初の段階は傷を付けている、削っていると言っても良いくらいです。

そう、磨くというのは、傷を付けるということです。

無数の細かい傷を付けることなのです。

ダイヤモンドは何で磨く?

地球上で一番硬い鉱石である、ダイヤモンド。

この一番硬いダイヤモンドを磨くときに、何を使うかご存知ですか?

ダイヤモンドより柔らかいものでは、ダイヤモンドに傷を付けることはできません。

傷を付けることができなければ、磨くことはできません。

ダイヤモンドは、ダイヤモンドで磨くのです。

そして、仕上がれば、あの輝きが手に入ります。

人間は何で磨く?

では、人間は何で磨き、磨かれるのでしょうか?

ダイヤモンドをダイヤモンドで磨くように、人間は人間で磨くのです。

人間は人間で磨かれるのです。

磨くため、磨かれるためには、傷付かないといけません。

傷付けられないといけません。

もっと人間と関わりましょう。

傷付くことを恐れずに、もっと深く関わってみましょう。

そして、傷付き、傷付けることで、お互いが磨かれるのです。

傷付くことを恐れていては、磨かれることもありません。

最後には、光輝くダイヤモンドのような人間になれるのです。

今日の問いかけ

あなたは、自分を磨くために、どのように人と関わっていきますか?

P.S.

磨くためには、細かい傷を付けることが必要だけれども、本体が割れたり、壊れてしまうほどの傷を付けようとしてはいけません。


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム