「できないこと」と「できること」

この記事は1分で読めます

夢や目標を達成しようとしたときに、やる必要のあることの中には、「自分にはできないこと」「自分にできること」があります。

できる?できない?

「できないこと」は、できない

「できないこと」は、できないのだから、そこに思い悩んでいても意味がないし、時間の無駄でしかない。

そして、「できないこと」に対するアプローチには、

  • できるようになる(できるようにする)。
  • できる人を探して、やってもらう。
  • あきらめる。

などがあります。

「できること」は、できる

「できること」に対するアプローチには、

  • できる限りのことをやりきる。
  • できるけれど、誰かにやってもらう。
  • やらないで、放っておく。

などがあります。

自分で選んで、決める

自分には「できないこと」を、できる人を探して、お願いすることは、「できること」です。

「できないこと」をできるようになるのも、やらないで放っておくこともできます。

「できること」を自分でやらずに、誰かに頼むことも「できること」です。

自分で「できること」を誰かに頼むことなんて「できない」ということもあるでしょう。

いずれにしても「できないこと」「できること」を見極めることができるのが大事です。

そして「できること」と「できないこと」をどう扱うのかは、あなたが自分で選んで、決めることが「できる」のです。


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム