チャンスはチャンスの名札を付けていない

この記事は1分で読めます

「チャンスは、チャンスの名札を付けていない」

と言われます。

あれは何だ?

潜んでいるチャンスを見出す

チャンスは、

  • 一見ピンチのように見えることの中に隠れていたり
  • いつも見慣れている、見過ごしていることの中にあったり
  • 「これがチャンスです。」と、分かるようには存在していなかったり

するものです。

誰が見ても、「これはチャンスだ!」と分かるようならば、その時点で、もうチャンスではなくなっている、とも考えられます。

だからこそ、チャンスを見つける、見抜ける、そして、つかみ取る、「受取力」が必要なんですね。

危うく逃しかけたチャンスや、後から気付いたチャンス、これはうまくチャンスをゲットできたぞ、という経験はありますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム