エジソンの名言

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「目標」です。

努力

1% のひらめきと 99% の努力

「天才とは、1% のひらめきと 99% の努力である。」

これは、エジソンの有名な言葉です。

エジソンには、いろいろな逸話が伝わっています。

失敗も成功も、一つの結果に過ぎない

実験中に爆発事故を起こしてしまったとき、実験助手は、

「こんな危険な実験に、これ以上付き合ってられない。」

と思い、エジソンに実験の中止を進言しようとしました。

しかし、そのときエジソンは、ニンマリとしながら、紙に何かを書き込んでいたのだそうです。

助手が

「こんなときに、何をしてるんですか?」

と問うと、エジソンは、

「爆発を起こす方法を見つけた!」

と喜んでいたとか。

期待していたのとは違う結果が出たことを失敗として捉えず、別の結果を出せた成功と受け入れる。

そういう姿勢の持ち主だったようです。

望む結果を出そうとすれば、望まない結果も出るもの

電球のフィラメントに適した素材を見つけるまでに、1000 回とも1万回とも言われる実験を繰り返していたとか。

そして、ようやく適した素材を見つけたとき、

「フィラメントに適さない素材を 1000 個(1万個)と適する素材を1個、見つけた」

と言ってのけたとか。

望む結果が出るまで続けるだけ

そして、フィラメントに適する素材を見つけ、発表の記者会見のときに、記者から、

「もし、まだ適する素材が見つかってなかったら、どうしましたか?」

と問われると、

「まだ実験を続けていたでしょう。」

と答えたそうな。

天才とは、1% のひらめきと 99% の努力である。

さて、冒頭のエジソンの言葉ですが、

「天才と同じような結果を出すためには、相当量の努力が必要だ。」

という意味で引用され、

「だから、お前も努力しろ。」

という使われ方をしていることが多いのですが、エジソンはそういうつもりで言ったのではないと伝わっています。

  • 電球のフィラメントに適する素材が絶対にあるはずだ!
  • 絶対にそれを見つけ出してやる!

という「ひらめき」があったからこそ、1000 回とも1万回とも言われる実験(努力)を続けることができたというのです。

だから、99% の努力を、苦とも思わなくなるほどの1つ( 1% )のひらめきが大切だ、という意味で言ったのだそうです。

ひらめきが先か、努力が先か

ただ闇雲に努力をしていたら結果が出るのではなく、どうしても成し遂げたいことをハッキリさせることで、その結果が出るまでの努力ができるのだということです。

言い換えると、

「走れ。そうすればゴールできる。」

ではなくて、

「ゴールを決めて、それから走れ。」

ということであり、さらには、

「ゴールが決まったら、走りたくなる。」

ということなのです。

今日の問いかけ

あなたが、99% の努力が苦にならないほどのゴールって何ですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム