外的成長と内的成長

この記事は2分で読めます

成長には、外的成長と内的成長があります。

ビジネスの成果が出たり、収入が増えたり、というのが、外的成長です。

人間関係を学んだり、リーダーシップが分かってきたり、というのが、内的成長です。

人生の中で、成長をしようとするとき、

  • 外的成長のフェーズ
  • 内的成長のフェーズ

があります。

たいていの場合、両方のフェーズが同時に起こることはありません。

同時に起こそうとしなくても良い、と言うこともできます。

それでは、外的成長と内的成長の関係とは、どんなものでしょうか?

外的成長と内的成長の関係

交互

外的成長のフェーズと、内的成長のフェーズの関係は、二足歩行の右足と左足の関係に似ています。

どういうことかと言いますと・・・

二足歩行をするときに、右足を前に出したら、次は左足を前に出しますよね。

どんなに大股であるこうとも、右足だけ、ずっと前に出し続けることはできません。

どこかの時点で、左足を前に繰り出す必要があります。

逆も真なりで、左足だけ、ずっと前に出し続けることはできません。

どこかの時点で、右足を前に繰り出す必要があります。

そうやって、前進していきます。

外的成長と内的成長は交互に繰り返す

外的成長のフェーズと内的成長のフェーズも、この右足と左足の関係に似ています。

ずっと、外的成長のフェーズが続くことはありません。

いずれどこかで、壁にぶつかったり、問題が発生したりします。

そのときに、フェーズが変わって、内的な成長をする必要があります。

そうでないと、次の外的成長が見込めません。

また、外的成長のフェーズのときには、収入なりの果実を収穫できる時期なので、そのときに、内的成長を求めていてはもったいないのです。

「調子に乗ってはいけない」

などと、内面と向き合っている時期ではないのです。

放っておいても、内面と向き合わざるを得ない時期が訪れます。

それまでは、しっかりと果実を受け取った方が良いのです。

その方が、内面と向き合うことになったときに、時間的にも、経済的にも、余裕を持てるのです。

逆もそうで、ずっと内的成長のフェーズが続くことはありません。

いずれどこかで、すっと結果が出始めるときがきます。

それに、ずっと内面と向き合って、内的成長を目指していても、成長(学ぶ)の材料がなくなってしまうので、フェーズを変えて、外的な成長を目指す必要が出てきます。

このように、外的成長のフェーズと内的成長のフェーズを交互に繰り返すものであり、また、そうすることが必要なのです。

あなたは、今、外的成長のフェーズにいますか?

それとも、内的成長のフェーズにいますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム