「与える」と「受け取る」は、いつもセットで

この記事は1分で読めます

こちらの記事(受け取り上手が、与え上手)で、「与える」ことと同じくらい、「受け取る」ことも大切だ、ということを書きました。

そして、上手に「受け取る」能力を、

「受取力」

と呼ぶことにしました。

「与える」ことの大切さは、他のいろんなところで、多くの方が提唱されていますので、そちらに任せるとして、私はこのブログを通して、「受取力」の大切さを説いていきたいと思います。

与えると受け取る

与える人と受け取る人がいる

まず、考えてみたいのが、「与える」「受け取る」は必ずセットである。

ということです。

これには、いくつかの意味が含まれています。

一番分かりやすいのは、「与える」人がいて、「受け取る」人がいる、という場合です。

あなたが誰かに、何かを与えるとしたら、必ずそれを受け取る人がいる、ということです。

あなたが誰かから、何かを受け取るとしたら、必ずそれを与える人がいる、ということです。

当たり前ですね。

とても分かりやすいです。

どう与えるか、どう受け取るか

あなたが、気持ち良く与えたい、と思ったら、相手に気持ち良く、受け取ってもらった方が嬉しいですよね。

あなたが、気持ち良く受け取りたい、と思ったら、相手に気持ち良く、与えてもらった方が良いですよね。

あなたの「与える」と、相手の「受け取る」は、必ずセットです。

あなたの「受け取る」と、相手の「与える」は、必ずセットです。

あなたが気持ちよく受け取ることによって、相手に、与えることの気持ち良さを与えることになるのです。

他にも、「与える」「受け取る」が、セットになっているパターンがありますが、追って紹介していこうと思います。


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム