与える自分と受け取る自分

この記事は2分で読めます

「与える」自分と「受け取る」自分が、同時に存在する場合とは?

「与える」と「受け取る」は、いつもセットでの続きのお話です。

「与える」自分がいて、「受け取る」自分がいる。

あるいは、「受け取る」自分がいて、「与える」自分がいる。

というパターンです。

プレゼント

与えながら、受け取る

今回は、具体例を挙げて説明しましょう。

あなたが、誰かにプレゼントを贈ること、を考えてみましょう。

「与える」あなたがいるということです。

あなたは、誰かにプレゼントを贈ります。

なぜあなたは、その人にプレゼントを贈るのですか?

  • その人の誕生日だから
  • その人のお祝いだから
  • その人へのお礼だから

など、いろいろな理由はあるでしょう。

では、そのプレゼントを選ぶとき、あなたはどんなことを考えて、プレゼントを選びますか?

誰かに贈るためのプレゼントを、選んでいるときのことを、ちょっと思い出してみてください。

多くの場合は、プレゼントを贈ったときに、その人に喜んでもらえるように、と思ってプレゼントを選びますよね。

そして、その人の喜んでいる姿を見て、あなたも嬉しくなる。

そう、この

「あなたも嬉しくなる。」

というのが、あなたが「受け取る」ものです。

あなたはプレゼントを贈って(与えて)、嬉しくなるという気持ちを、感じる(受け取る)のです。

もし、相手が喜んでくれなかったら、あなたの気分は晴れないですよね。

これが、「与える」あなたがいて、「受け取る」あなたがいる、というパターンです。

受け取りながら、与える

逆のパターンも、具体例で考えてみましょう。

あなたが、誰かに褒められたときのことを考えてみましょう。

「受け取る」あなたがいるということですね。

あなたが誰かから褒められました。

今までに経験されていることでしょうから、ちょっと思い出してみてください。

あなたは普段、どんな反応をしていますか?

「いえいえ、そんなことないですよ。私なんてまだまだ。」

という反応をしているでしょうか?

では、このときのことを考えてみましょう。

褒めてくれた相手にしてみれば、

「私が今褒めた言葉は、どうしてくれる?」

という気持ちになってしまうと思いませんか?

相手は、本当にそう思って、あなたを喜ばせるために、褒めているのに、あなたは

「そんなことないですよ。」

と否定してしまう。

喜ばせようと思って褒めた、相手の気持ちが台無しです。

「こんなことだったら、次からは褒めないようにしようかな。」

と思ってしまうかもしれません。

先ほどのパターンを思い出してみてください。

あなたがプレゼントを贈ったのに、相手が喜んでくれなかった。

それの逆パターンですよね。

あなたがもしここで、相手の褒め言葉を、喜んで受け取ったら。

それは、相手に喜びを「与える」ことになるのです。

そうです。

相手が褒めてくれたとき、それはあなたが相手に喜びを与える、チャンスなのです。

もし、褒めてもらったときに、

「そんな風に言っていただけてうれしいです。ありがとうございます!」

という反応をしたら?

相手は

  • 喜んでくれて嬉しい。
  • この人を褒めると喜んでくれるから、気持ちが良い。
  • またチャンスを見つけて、褒めてあげよう。

と思ってもらえます。

このような気持ちを、相手に与えることができる、ということなのです。

ということで、褒め言葉を受け取って、相手に喜びを与える、です。

これが、「受け取る」あなたがいて、「与える」あなたがいるという例です。

「与える」と「受け取る」が同時に存在する

このように、「与える」自分と「受け取る」自分は、同時に存在することがあります。

あなたは、どんな風に、与えますか?

そして、どんな風に、受け取りますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム