成功の黄金律(ゴールデンルール)

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「与える」です。

与える

なぜ「まず与える」なのか

こちらの記事(まずは与えることから)で、

「成功したい・幸せになりたいとしたら、まずは自分から与えることだ。」

という成功法則を紹介しました。

この成功法則は、成功の黄金律(ゴールデンルール)、

「自分がして欲しいと思うことは、何よりまず他人にそうしてあげることだ。」

というものが元になっています。

あなたは、この言葉を聞いたことがあるでしょうか?

そして、この言葉をどう思いますか?

私は、この考え方に賛成です。

しかし、実践する上では、注意が必要だと思っています。

最終的に欲しいのは「感情」である。

欲しい感情

例えば、「自分がして欲しいと思うこと」が「好きなアーティストのCDをプレゼントして欲しい。」だったとします。

このときに、「何よりもまず他人にそうしてあげることだ。」ということで、お友達にそのCDをプレゼントする。

さて、この行動をあなたはどう思いますか?

一見、成功の黄金律に沿った行動に、思えるかもしれませんね。

それでは、ここで相手の立場に立って考えてみましょう。

もしそのお友達が、

  • CDプレーヤーを持っていない。
  • そのアーティストには、あまり興味がない。
  • 他に欲しいものがある。

こういうことだったら、どうでしょう。

あまり喜んではもらえなさそうですよね。

では、どうしたら良いのでしょうか?

ヒントは、この行の2行上にありますね。

「喜んで」がキーワードのようです。

自分は、CDをプレゼントしてもらえると喜びを感じる。嬉しい。

「自分がして欲しいこと」は、「喜び・嬉しい」を感じさせてもらうことです。

そしたら、「何よりもまず他人にそうしてあげることだ。」ということで、お友達に「喜び」を感じさせてあげることをすれば良いのですね。

そのお友達は、何をしてもらったら「喜び」を感じるかを考えて、それをしてあげれば良いのです。

「相手の立場になって考える。」

という言葉がありますが、こういうことなんですね。

そして、大事なことを書きますよ。

ここ、本当に大事ですからね。テストに出ますよ〜。

【 最終的に欲しいのは「感情」である。 】

大切なので、もう一度書きますね。

【 最終的に欲しいのは「感情」である。 】

なのです。

上記の例で考えてみましょう。

「CDが欲しい」をもう少し掘り下げてみましょう。

「CDが欲しい」あなたは、CDを手に入れれば、それで良いのでしょうか?

もちろん、手に入れたら、CDを聞きたいですよね。

そして、CDを聞いたらどうなるのでしょうか?

  • ん〜、格好いい曲だ〜。
  • やっぱり、この人の曲を聴くと、元気になるな〜。
  • この人の声を聴くと、落ち着くな〜。
  • この人のジャケット写真の顔を見ると、胸がキュンとなる。

など、感情が動くはずなのです。つまり、感動ですね。

そして、実はこの感情が動くことを望んで、CDを手に入れるのです。

CDが欲しくなるのです。

一方、欲しくてたまらなかったのに、手に入れてみたら期待はずれで、こんなはずじゃなかったと思った経験もあるのではないですか?

これは、そのものを手に入れれば感じられると思っていた「感情」が、手に入れたのに感じられなかったことが原因なのです。

逆にいうと、このときに感じたいと期待していた「感情」を感じられれば、手に入れるものは別のものでも良いのです。

高級外車で「ステータス感」を味わいたい

欲しいもの

私の例を出しましょう。

私は以前から(今でも)、車を持つならメルセデスベンツと思っています。

あるときNLPTMのワークで、メルセデスベンツに乗ることで、どんな感情を得たいと思っているのかを掘り下げるワークをしたことがあります。

このときに、最終的に出てきた答が「ステータス感」「高級感」を味わいたいということでした。

そしてさらに、メルセデスベンツが似合う自分になる。

自分がそうなったときの「達成感」「満足感」「自信」を味わいたいということでした。

ということは、これらの感情を味わわせてくれるものならば、メルセデスベンツでなくても、私は満足できるのです。

でも、次に車を買うときは、メルセデスベンツを買いますけどね。

今日の問いかけ

あなたが欲しいものは何ですか?

その欲しいものを得ることで、味わいたい感情は何ですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム