チームの生産性を極限まで高める方法

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「チームワーク」です。

チームワーク

生産性が高いチームに共通すること

チームの生産性を極限まで高めるには、どうすればいいのか?

リーダーなら、一度は考えたことがある命題かもしれませんね。

先日、下記の記事を見つけました。

2012年からアメリカのグーグル社が行った、生産性向上計画に関する記事です。

2016年2月25日の「ニューヨークタイムス」に掲載された記事が、日本のメディアで紹介されていました。

この計画は「プロジェクト・アリストテレス」と呼ばれています。
(記事全文は、「グーグル プロジェクト・アリストテレス」で検索してみてください)

グーグルのプロジェクト・アリストテレスで分かったこと(概要)

「プロジェクト・アリストテレス」では、社内の様々なチームを観察し、うまくいっているところと、そうでないところの違いを明らかにしようとした。

例えば、

  • 同じチームに所属するチームメイトは、社外でも親しく付き合っているか?
  • 彼らはどれくらいの頻度で一緒に食事をしているか?
  • 彼らの学歴に共通性はあるか?
  • 外向的な社員を集めてチームにするのがいいのか、それとも内向的な社員同士の方が良いのか?
  • 彼らは同じ趣味を持っているか?
  • 強いリーダーのもとに、階層的な人間関係を築くのがいいのか、もっとフラットな人間関係を敷くのがいいのか?

を比較したけれど、ほとんど相関性が見られなかったのだ。

今度は、チームメンバーが従っている

  • 「暗黙のルール」や「行動規準」
  • 「チーム・カルチャー」

による違いがあるのか?

という点に着目したが、この点でも目立ったパターンは見つからなかったのだ。

そして、ついに集団心理学に関する視点から、再度深く当たってみたところ、ある要素が浮かびあがった。

それが、

「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」

というメンタルな要素だ。

  • こんなことを言ったら、チームメイトから馬鹿にされないだろうか
  • リーダーから叱られないだろうか

といった不安を、チームのメンバーから払拭する。

心理学の専門用語では、

「心理的安全性」

と呼ばれるものがチーム内に整っているかどうか、ということが分かったのだ。

多くの人にとって、仕事は人生の大半を占めている。

そこで馬鹿にされないように・叱られないようにと、仮面を被って生きなければならないとすれば、それはあまり幸せな人生とは言えないだろう。

  • チームメンバー、一人ひとりが、職場で本来の自分をさらけ出すことができること
  • それを受け入れるための「心理的安全性」が保たれていること

これらが、間接的にではあるけれど、チームの生産性を高めることにつながる。

これが、「プロジェクト・アリストテレス」から導き出された結論だ。

プロジェクト・アリストテレスで分かったことを取り入れる

チームの生産性が高まるのは、チームメイトと心が通じあっているということを、お互いが分かっている状態です。

そのためには、日頃からのコミュニケーションが大切になってきます。

いつでも大事な話ができる・自分をさらけ出すことができる、というのが理想だけれど、

  • 仕事中には必要最低限のことしか話せないけれど、休憩中に話ができる。
  • 日常の業務の中では時間が取れなくても、いざという時には業務時間外にでも相談できる場が持てる。

という安心感を、チームメンバーが持てるようにすることから、始めてみるというのはいかがでしょうか。

今日の問いかけ

あなたのチームに「心理的安全性」が感じられるようになるために、どんなことができまか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム