前提が違うと話がすれ違う

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「前提」です。

前提の違い

前提の違い

他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。

という話をしたら、

「自己を変えるのは、自己を否定するわけで、かなりの勇気が必要ですね。」

という反応をされた方がいました。

「自己を変えるのは、自己を否定するわけで、」

とおっしゃっています。

確かに、そのような考え方であれば、自己を変えるのに、覚悟や勇気が必要だ、という結論に達するのは、理解できます。

しかし、私は、

「自己を変えるのは、自己を否定することではなく、行動を変えれば良い。」

と考えているので、覚悟も勇気も必要ないと思っています。

このように、持っている前提が違うと、それを元にした判断・結論は、違うものになります。

お互いの前提を理解していないと、相手の言っていることが理解できない、ということになります。

ということは、

  • 人の意見が理解できない
  • 自分の意見と違っている

ような場合は、まずどんな前提を持って、考えて・話しているのかをすり合わせることが大切です。

今日の問いかけ

あなたは、自分がどんな前提で判断しているのか、ということを考えたことはありますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム