「二兎追う者は一兎も得ず」は本当か?

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「思い込まされ」です。

虻蜂取らず

ことわざ「二兎追う者は一兎も得ず」

「虻蜂取らず。」も、ほぼ同じ意味ですが、これらのことわざは、

「同時に2つのことをやろうとすると、どちらもうまくいかない。」

と言った意味です。

だから、一つのことに集中しようということを、暗に示していると思います。

これは聞いた話なので、真偽のほどは分かりませんが、士農工商の時代に、

  • 士:つまり武士が、
  • 農:つまり農民に対して

言い聞かせたことが始まりなんだとか。

武士の収入源は、農民からの年貢=米・農作物です。

農民が農業以外のことに、手を出されてしまっては、自分たちの収入が減ってしまう恐れがあります。

そこで、農民を農業に専念させるために、このようなことわざを作って、言い聞かせたのだ、という説です。

そもそも、農民の不満を低減するために、身分制度上、農民を第2位に置いたとも言われていますから、さもありなん、という感じですよね。

士農工商を現代に当てはめてみると、

  • 士:政府(役人)や経営者
  • 農:サラリーマン

と置き換えられるのではないでしょうか。

こう考えると、今の時代も似たようなことが繰り返されているようにも思います。

ことわざや言い伝え、標語やルール、コマーシャルやニュースで言われていることについて、誰が、何のため、どんなメリット・誰のメリットのために、それを表現しているのか、という隠された意図を理解するのが大切だと思います。

その意図を知った上でならば、乗っかってみるのもよし、背いてみるのもよし。

その意図を知らずに鵜呑みにしてしまって、振り回されてしまうことが、一番危険なことではないかと思います。

今日の問いかけ

あなたがあなたの人生の達人になるために、何を信じ、どう行動しますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム