無理だと思った自分自身に対して、やってみること

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「質問」です。

できない

あなたが「無理・ムリ・むり」と思ったら

こちらの記事(「無理・ムリ・むり」って、できないの? やりたくないの?

では、他の人が

「無理・ムリ・むり」

と言っているときのことを書きましたが、今回はあなた自身が、

「○○するのは、無理!」

と思ったときのことについて書いてみます。

もし、あなたが、

「○○するのは、無理!」

(○○は、目標達成でも、問題解決でも良い)と思ってしまったら、自問してみてください。

それは、

「できない。」

ということなのか?

それとも

「本当はやりたくない。」

ということなのか?

「できない」と言ってみる

「○○は、できない。」と言い換えてみてください。

どんな気持ちになりますか?

少しでもザラッとした、イヤな感じがしたら・・・

「イヤ、でも達成したい・解決したい。」

という気持ちが湧いたのなら・・・

  • 「どうしたら、○○ができるだろうか?」
  • 「誰の力を借りたら、○○ができるだろうか?」

と自問してみてください。

あなたの脳はその答えを探し始めます。

「やりたくない」と言ってみる

「本当は、○○はやりたくない。」

と言い換えてみてください。

どんな気持ちになりますか?

少しでもザラッとした、イヤな感じがしたら・・・

「イヤ、本当は達成したい・解決したい。」

という気持ちが湧いたなら・・・

  • 「どうしたら、やる気になるだろうか?」
  • 「どうしたら、○○ができるだろうか?」
  • 「誰の力を借りたら、○○ができるだろうか?」

と自問してみてください。

あなたの脳はその答えを探し始めます。

脳の特性を活用する

脳は質問されると自動的に答えを探し始めるという特性があります。

欲しい答えが得られる質問を考えることが肝要です。

今日の問いかけ

あなたの欲しい答えは何ですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム