「無理・ムリ・むり」って、できないの? やりたくないの?

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「言葉」です。

Yes or No

「無理・ムリ・むり」という言葉

最近の若い人が、

「無理・ムリ・むり」

と言って、頼まれごとを拒否する場面を見たことがあります。

「最近の若い人」

だなんて、自分がおじさんになってしまったみたいで、あんまりこんな言い方はしたくはないのですが。

とはいえ、私はすでに十分立派な「おじさん」です(汗)。

言葉の意味から考えると、

「できない」

という意味に思えます。

しかし、実際にこの言葉が発せられるとき、

「できない」

だけではないニュアンスが感じられます。

この辺りのことが分かると、頼みごとを拒否されたときにも、その原因が探りやすくなります。

原因がハッキリして、それを取り除くことができれば、頼まれてくれるようになります。

ただ単に、ほめたり、おだてたり、逆に脅したり、強制したりしてやらせるのではなく、行動を邪魔する障壁を取り除いてあげることが、お互いをハッピーにしてくれます。

できないのか、やりたくないのか

ここで、私がセミナーのときに、実験することの一つをご紹介しましょう。

私が受講生に向けて、こう言います。

私:「手を挙げてください。」

すると、受講生の全員、もしくは何人かが手を挙げてくれます。

そのとき手を挙げてくれた人にこう尋ねます。

私:「なぜ、今、手を挙げたのですか?」

受講生:「木村さんが『手を挙げてください。』と言ったから」

私:「なるほど。では前に出てきて、裸になってください。
   私が言ったら、やるんですよね?」

と、ちょっと意地悪なことを言ってみます。

たいていは、次のような反応が帰ってきます。

受講生:「いや、それはできません。」

(ときどき、ノリの良い人がいて、本当に脱ぎ出すことがあって、そのときは、ちょっと焦ってしまいますが(笑))

私:「本当に『できない』のですか?
   お風呂に入るときには、裸になりますよね?」

と、さらに意地悪を言ってみます。

受講生:「そうですけど、ここはお風呂ではありません。
     恥ずかしくてできません。」

私:「ということは、『できない』のではなくて、
   『やりたくない』ってことですね。」

受講生:「そういうことです。」

私:「分かりました。
   では、逆立ち状態で腕立て伏せをしてください。」

受講生:「それは、できません。」

私:「『できる』けど、『やりたくない』ということですか?」

受講生:「いえ、『やっても良い』けど、『できません』」

私:「なるほど。」

この実験を詳しく解説してみましょう。

「手を挙げた」のは、手を挙げることができるし、手を挙げても良いと思ったから。

「前に出て、裸にならない」のは、裸になることはできるけど、裸になっても良いとは思わなかったから。

「逆立ち状態で、腕立て伏せをしない」のは、腕立て伏せをしても良いとは思ったけれど、腕立て伏せはできないから。

ということになります。

つまり、

「やる」=「できる」×「やっても良い」

と因数分解することができます。

「できる」と「やっても良い」の両方が満たされてはじめて、「やる」ということです。

逆に、「無理・ムリ・むり」というときは、「できる」か「やっても良い」かのいずれか、あるいは両方が満たされないからということができます。

「無理・ムリ・むり」と言われたら、「できる」と「やっても良い」のどちらが満たされていないのかをハッキリさせ、満たされていないモノを満たしてあげれば良いのです。

無理なのは、できないのか? やりたくないのか?

穏やかに尋ねてみましょう。

今日の問いかけ

あなたが無理だと思っていることは、できないからですか? やっても良いと思えないからですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム