データに基づいて判断することと同じくらい大切なこと

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「解釈」です。

データ

事実やデータをどう解釈するか

ビジネスをしているときなど、事実やデータに基づいて判断することは、とても大切なことです。

しかしながら、それと同じくらい大切なことが、他にもあります。

それは、集めたデータをどう解釈するか、どこに・何に注目するか?

ということです。

データが意味すること

データをどう解釈するか、どこに・何に注目するか?

具体例を挙げて説明します。

97% に注目するか、残りの 3% に注目するか

ずいぶん古い話で恐縮ですが、私がサラリーマン時代に実際に経験したことです。

当時、私は、新規事業立ち上げの部門にいました。

私は技術担当だったので、営業担当がアポを取ってきたら、一緒にお客様のところに伺ってプレゼンをしたり、ニーズを聞き出したりする役割でした。

ところが、営業担当がなかなかアポが取れずに、技術担当の私たちの出番はありませんでした。

部長から、営業担当・技術担当に関わらず、何か良いアイデアを出すようにという指示がありました。

技術担当の先輩が、

「ダイレクト e-メールを配信したらどうか。」

というアイデアを出しました。

当時は、今のようにスパムメールは多くなかったので、有効な手段だと思われました。

しかし、その提案を聞いた部長は、

「 97% のダイレクト e-メールは読まれずに捨てられてしまう、というデータがあると聞いた。
 だから、そんなことをしてもムダだ。」

と切り捨てました。

すでに、万策尽きている段階での提案だったので、私にはダメもとでやってみてもよさそうなのに、と思えました。

提案した先輩も私も、このときに思っていました。

「 97% のダイレクトE−メールが読まれずに捨てられてしまうのなら、読まれる 3% に入れるように工夫すれば良いのではないか?」

と。

これは、部長が聞いたデータの、別の見方です。

医薬品の成分では

少し違った話ですが、私が使っているウエットティッシュのウリ文句として、

「 99% 純水を使用。」

と書いてあります。

これは、

「 99% 純水を使用しているので、お肌にやさしいですよ。」

ということをアピールする文言です。

見方を変えれば、残りの 1% は、どんな成分なんだ?

と疑問になってしまいます。

一方、私が使っている花粉症用の目薬の有効成分は、

「 0.1% 含有」

となっています。

有効成分が 0.1% 含有していれば、薬として充分効果があるということを示している文言です。

見方を変えれば、残りの 99.9% は、どんな成分なんだ?

ということになってしまいます。

どちらに注目するかによって、意味が大きく変わってきてしまいますね。

まとめ

事実やデータに基づいて判断することは大切です。

だけど、そのデータをどう解釈するか、どこに・何に注目するか、ということも、それと同じくらい大切だよなぁ、と感じていただけたら幸いです。

今日の問いかけ

あなたが集めた事実・データを別の見方で解釈すると、どういう意味を持ちますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム