正当な理由か言い訳か?

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「うまくいく法則」です。

分岐点

やるべきことができなかったとき、その理由は?

夢実現・目標達成のためにやるべきことがある。

しかし、◯◯だったので、できなかった、ってこと、ありますよね。

その理由が、正当な理由なのか、単なる言い訳なのか、を判断できる質問を紹介します。

どちらが、より理想の人生に近づくのに役立つのか

「夢実現・目標達成のためにやるべきこと」「〇〇」を比べて、あなたの理想の人生を作っていくのに、どちらが、より良い影響を与えますか?

もし、答えが「〇〇」だとしたら、それは、やるべきことができなかった正当な理由と言えるでしょう。

そうでなかったとしたら、単なる言い訳ということになります。

とはいえ、息抜きも必要

もちろん、四六時中、夢実現・目標達成のためにやるべきこと、ばかりをしていては、息が詰まってしまうこともあるかもしれません。

そういうときには、息抜きも必要です。

未来の理想実現のために、今を犠牲にするのが良いことなのか?

「理想の人生」を考えるときには、気をつけたい点ですね。

今日の問いかけ

あなたは、「理想の人生」のために、今何をしますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム