変わらないために、変わり続ける

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「変化」です。

勉強

「今のままでいい。」はあり得るのか?

「いつまでも変わらないね。」と言われ続けるために、「変わり続けよう。」というお話をしましょう。

ある専門家によると、

「人類が保有する知識は、4年で2倍になる。」

らしいです。(出典を失念してしまいましたが。)

この話を聞いたのが数年前なので、今現在はもっと早いペースで進んでいるかもしれません。

ということは、学ぶことをやめてしまうと、自分が持っている知識は、相対的に、4年で半分になってしまうということです。

ときどき、夢や目標もなく、

「今のままでいいんです。」

と言う人と出会うことがあります。

その人は「今のまま」でいるつもりでも、新しいことを取り入れないでいると、相対的にはどんどん沈んで行っているということになってしまうんですね。

まるで、下りのエスカレーターで、立ち止まっているようなものです。

本人は「今のまま」で変わっていないつもりでも、周りからすると「変わり果てて」見えてしまうのです。

ちなみに、高校を18歳で卒業して(大学卒業だと22歳)から、60歳定年とするとそれまでの42年間(大学卒業からだと38年間)、学ぶことをしていなかったら・・・

計算を簡単にするために、40年間としましょう。

4年で半分=1/2 になってしまうということは、40年間はその10倍だから、1/2 × 10 = 1/20 ...ではないですよ!

1/2 × 1/2 × ・・・ と、1/2 を10回掛け合わせるのですよ!

その答えは、なんと! 1/1024 = 約1000分の1 = 0.001 = 0.1% です!

そりゃもう、変わり果ててしまう、という言葉がぴったりです。

そうならないためにも、社会人も大いに学び続ける必要がある、と思っています。

そして、大人が学び続ける姿勢を見せ続けることで、子どもたちも勉強に励むようになるだろうと思っています。

自分が学んだことを他の人に伝えると、さらなる学びになります。

そうやって、良い流れを作っていきたいものです。

「人間の体の成長が20歳くらいまでに止まるのは、その後は精神面、頭脳面での成長を期待されているからだ。」

という言葉を聞いたことがあります。

「生きるモノは、成長するか、死に行くかのいずれかである。現状維持などあり得ない。」

という言葉もあります。

自然の摂理に沿って、いきたい(生きたい、行きたい、逝きたい)ですね。

今日の問いかけ

あなたは、今なにを学びたいですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム