カーナビから学ぶ、うまくいく方法

この記事は2分で読めます

「人生もビジネスもうまくいく法則」

とは、どんなものでしょうか?

  • うまくいっていることを続け、
  • うまくいっていないことを修正する。
  • もしくは、違うことをする。

以上。

ただ、これだけです。

しかしこれでは、言っていることは、とても当たり前のことで、意味は分かるのですが、どうしたら良いのか分かりませんね。

では詳しく、お話しましょう。

カーナビ

カーナビは何をしているのか

まず、とても大事なことは、今やっていることがうまくいっているのか、うまくいっていないのか、を判別できなくてはいけませんよね。

どのように判別するのが良いのでしょうか?

カーナビゲーションシステムを、思い浮かべていただけたら、分かりやすいと思います。

カーナビゲーションシステムでは、何をしているのかというと、

  1. 現在地を把握している。
  2. 目的地が設定されている。
  3. 現在地と目的地を結ぶルートを選ぶ。
  4. 車が、選んだルートに沿って、目的地に近づいているのかをチェックしている。

のです。

カーナビを真似する

うまくいっているのか、うまくいっていないのか、を判別するのも、同じことをしたら良いと思うのです。

  1. 今の状態を把握して、
  2. 理想の状態、なりたい状態を明確にして、
  3. 今の状態から、理想の状態になるための計画を立てて、
  4. その計画通りに、理想の状態に近づいているのかをチェックする。

例えば、先月より今月、先週より今週、昨日より今日、1時間前より今の方が、理想の状態に近づいているのかをチェックするのです。

チェックした結果、近づいているのならば、うまくいっているということだから、それを続ける。

近づいていなければ、うまくいっていないということだから、修正する。
(辞めて違うことをする。)

ということです。

ルートから外れたら、方向転換をする

うまくいっているときに、それを続けるのは、どうしたら良いのかが分かります。

うまくいっていないときに、修正する、辞めて違うことをする、というのはどういうことでしょうか?

どのように修正すれば良いのでしょうか?

どんな違うことをしたら良いのでしょうか?

それは、ちょっと乱暴な言い方をしてしまえば、今までと違うことならば、何でも良いのです。

原因と結果の法則を思い出してください。

違う原因からは、違う結果が得られるのです。

違う結果が欲しかったら、違う原因を作れば良いのです。

ということは、修正する方法は、今までと違ったことならば、何でも良いのです。

とはいうものの、時間も労力も、ムダにはできませんから、いろいろある候補の中から、これが一番良いのではないか、ということをやってみれば良いのです。

それでもルートに戻れなかったら、また方向転換をする

で、それもうまくいかなかったらどうするか?

と気になりましたか?

そうしたら、その次に良いと思える候補を、やってみれば良いのです。

うまくいくまで、その次に良いと思える候補をやってみる。

それを繰り返せば、必ずうまくいきます。

今、うまくいっていることはなんですか?

今、うまくいっていないことはなんですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム