人の行動心理

この記事は4分で読めます

人間が行動する(行動しない)心理、つまり、動機を理解すれば、
  • コミュニケーションの成果を上げる
  • リーダシップを発揮する
  • 自身の目標を達成する
ために役に立ちます。

このページでは、人が行動を起こすとき、行動をしないときの心理について解説します。

人の行動心理(動機)

  • コミュニケーションの場面で、「自分が望む、相手の反応を得る」ために
  • リーダーシップの場面で、メンバーの行動を促すために
  • 目標達成の場面で、自分を行動に駆り立てるために
人が行動する(行動しない)心理を知っておくことは重要です。

人の行動心理(=動機)は、実は単純です。

  1. 「快」を求める
  2. 「不快」からが逃げる
という、たった2つです。

「快」を求めて、「不快」から逃げる

改めて、人の行動心理は、以下のたったの2つです。
  1. 「快」を求める
  2. 「不快」からが逃げる
「快」とは:

気持ち良い、うれしい、楽しい、美しい、美味しい、落ち着き、やすらぎ、温もり、つながり、幸せ、・・・、などです。

快

「不快」とは:

気持ち悪い、痛い、悲しい、暑い、寒い、汚い、忙しい、居心地が悪い、離別、不幸、・・・、などです。

不快人の行動心理、すなわち、行動を起こす、または、行動を止める理由は、「快」を求めるか、「不快」から逃げるかのたった2つということができます。

人の行動心理は、たった2つと単純なのですが、ことを複雑にしている要因があります。

それは、

  • 何を「快」と感じ
  • 何を「不快」と感じる
かが、人によって、まちまちだということです。

この、何を「快」と感じ、何を「不快」と感じるか、のことを

連想体系
と言います。

人によって、連想体系が違うことが、ことを複雑にしているということができます。

例えば、タバコについて:

私にとって、タバコは「不快」という連想体系になっています。

  • 臭いが嫌いです。
  • 煙を吸うと、むせてしまって苦しいです。

なので、タバコ=「不快」から逃げます。
タバコの煙や臭いのする場所から遠ざかります。

喫煙者にとっては、タバコは「快」という連想体系です。

  • 吸うと落ち着く
  • リラックスできる

などの理由があるのでしょう。

なので、タバコ=「快」を求めて、喫煙します。

このように、連想体系が人によって違うことが、ことを複雑にしています。

しかし、原則は「快」を求めて、「不快」から逃げる、と単純です。

自分や相手の連想体系が分かれば、望む行動を促したり、望まない行動を抑制したり、する方法が分かってくるでしょう。

目先の「快」/「不快」と結果の「快」/「不快」

人の行動心理や連想体系について解説しました。
ここでは、もう少し突っ込んで考えてみたいと思います。

人間には時間の観念や想像力が備わっています。
このことを加味した連想体系について、考えてみましょう。

人には、目先の「快」/「不快」だけでなく、それをした結果の「快」/「不快」を考えることができます。

なので、実際に行動するかしないかは、この2つの関係から決まることになります。
下図は、目先の「快」/「不快」とそれをした結果の「快」/「不快」の関係を示したものです。

「快」「不快」の図

横軸が目先の「快」/「不快」です。
右側に寄っているほど、目先の「快」が大きく、
左側に寄っているほど、目先のが「不快」が大きい
ということです。

縦軸が結果の「快」/「不快」です。
上側に寄っているほど、それをした結果の「快」が大きく、
下側に寄っているほど、それをした結果の「不快」が大きい
ということです。

  • 図中のAの領域は、
    目先で「快」を感じ、それをした結果も「快」である
    という連想体系の場合です。

    このような場合は、喜んで積極的に行動を起こします。

  • 図中のBの領域は、
    目先で「快」を感じ、それをした結果は「不快」である
    目先の「快」と結果の「不快」を比べると、目先の「快」の方が大きい
    という連想体系の場合です。

    このような場合は、躊躇しながらも、行動を起こします。

  • 図中のCの領域は、領域Bと似ていますが、目先の「快」と結果の「不快」を比べると、結果の「不快」の方が大きい
    という連想体系の場合です。

    このような場合は、我慢して行動を止めます。

  • 図中のDの領域は目先で「不快」を感じ、それをした結果も「不快」である
    という連想体系の場合です。

    このような場合、絶対に行動は起こしません。

  • 図中のEの領域は、目先で「不快」を感じ、それをした結果は「快」であり、
    目先の「不快」と結果の「快」を比べると、目先の「不快」の方が大きい
    という連想体系の場合です。

    このような場合は、一時的には行動を始めるかもしれませんが、すぐにやめてしまうでしょう。

  • 図中のFの領域は、Eの領域と似ていますが、目先の「不快」と結果の「快」を比べると、結果の「快」の方が大きいという連想体系の場合です。このような場合、なんとかして、行動を起こします。
目先の「快」/「不快」、その結果の「快」/「不快」の関係が分かると、
  • コミュニケーションの場面で、「自分が望む、相手の反応を得る」こと
  • リーダーシップの場面で、メンバーの行動を促すこと
  • 目標達成の場面で、自分を行動に駆り立てること
が達成しやすくなります。

相手が、

  • 目先のことに「快」を感じているのか、「不快」を感じているのか
  • 得られる結果に「快」を感じているのか、「不快」を感じているのか
が分かっていれば、

相手に行動を起こさせたいのならば、

  • 目先の「快」をより大きく
  • 目先の「不快」をより小さく
  • 得られる結果の「快」をより大きく
  • 得られる結果の「不快」をより小さく
相手が感じられるように、話す・プレゼンすることを工夫しましょう。

相手に行動をやめさせたいのならば、

  • 目先の「快」をより小さく
  • 目先の「不快」をより大きく
  • 得られる結果の「快」をより小さく
  • 得られる結果の「不快」をより大きく
相手が感じられるように、話す・プレゼンすることを工夫しましょう。

自分の行動を駆り立てたい、やめさせたい場合は、自分が感じられる「快」「不快」を理解するための判断材料を集めてみましょう。

つまり、図中の赤い矢印の方向に、「快」/「不快」の位置づけを移動させるイメージです。

禁煙の例を挙げましょう。

タバコ=「快」という連想体系を壊して、
タバコ=「不快」という新しい連想体系をつくることです。

目先のこととして、

  • タバコを吸うのは苦しいこと(体感覚優位・心配タイプ向け)
  • 新鮮な空気は美味しいこと(体感覚優位・期待タイプ向け)

を実感できるようにする。

得られる結果として、

  • タバコを吸い続けると、肺がこんなに真っ黒になってしまう、という写真を見る。(視覚優位・心配タイプ向け)
  • タバコをやめると、寿命がこれだけ伸びる、生涯のタバコ代・医療費がこれだけ節約になるというデータを見る。(聴覚優位・期待タイプ向け)

などです。

まとめ

人は、どんなときに行動を起こし、どんなときに行動を止めるのか、

人の行動心理

について、解説しました。

人の行動心理は、たった2つ

  • 「快」を求めて、
  • 「不快」から逃げる。
です。

あとは、何を「快」とし、何を「不快」とするかという、

連想体系

が、各人によって違うということです。

このことが分かれば、

  • コミュニケーションの成果を上げたり
  • リーダーシップを発揮したり
  • 自身の目標達成を加速したり
するために、役に立つことを解説しました。
下記の関連記事を順にお読みいただくと、コミュニケーション能力の磨き方が分かります。

あなたの理解を深めるために、ぜひお読みください。

関連記事



【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓

【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム