開かれたコミュニケーションができる状態

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「コミュニケーション」です。

目の前の相手は、敵なのか、味方なのか

初対面や、まだそれほど親しくなっていない人とお話をするときって、ぎこちなくなってしまうことってありますよね。

でもそんなときに、年齢が同じだったり、出身地が近かったり、趣味が同じだったり、ということを知れると、急に親近感が湧いちゃったりします。

これって、人間(というか動物)が本来持っている、本能みたいなものなんですよ。

今対面している相手が、敵なのか、味方なのかを判断するために、自分との共通点、相違点を見付ける力が備わっていると。

共通点が多いほど、味方と判断し、安心する。

相違点が多いほど、敵と判断し、警戒する。

そういう本能が動物にはあり、もちろん人間にもあるんですね。

現代の人間社会では、街中でいきなり、肉食動物にガブリッとやられることはないので、敵を見分けなければいけない場面は、ほとんどないのですが、人(とくに初対面の人)と対面していると、相手の人となりが分からないので、警戒してしまいます。

私は味方です、というサイン

でも、早くうち解けて、建前ではなく本音で話をしたい。

だから、どんな人でも無意識のうちに相手と同じ姿勢をしたり、同じ動作をしたり、して

「私はあなたの味方ですよ~」

というサインを発しているのです。

誰でもが、無意識に、です。

それは、親しくなったあとでも、ずっと続けていることです。

だから、喫茶店やレストランなどで、同じテーブルに複数の人が座っているのを観察すると、面白いことに気が付きます。

特にカップルは面白いです。

仲良しグループ、カップルは、ホントに同じような動作・姿勢をしています。

話に集中してくると、お互い身を乗り出して、顔を寄せ合っています。

笑うときは、一斉に声を出して笑い、姿勢は同時にのけぞります。

一方、別れ話をしているような険悪なムードのカップルは、すぐに分かります。

明らかに、動作も姿勢も食い違っています。

あまりジロジロ見るとあなたが怪しまれますので、注意しながら、観察してみてください。

うまくいくコミュニケーションの前提

話が逸れました。

心理学に「ラポール」という言葉があります。

本音で語れる間柄ができている状態、という感じの意味です。

コミュニケーションをうまくする前提として、

「ラポールが築けてること」

があります。

とすると、早くラポールが築けたら良いですよね。

ラポールを築くためのスキル・テクニック

そのためのテクニック(スキル)として、

  • ペーシング
  • ミラーリング
  • マッチング
  • バックトラック

などがあります。

テクニックの名前を覚える必要はありませんが、誰もが、無意識にやっている、

  • 動作・姿勢を合わせること
  • 相手が使っている言葉を使うこと

を意識してやるということです。

このテクニック(スキル)を上手に活用すると、ホントに面白いくらい、あっという間に、ラポールを築けるようになります。

私はラポールが築けると、相手と潜在意識同士がつながったような感覚になります。

相手が考えていること、次に話そうとしていることが分かるような気になるのです。
(気だけかもしれませんが。)

ということは、逆に自分の考えていること、本心も、全部相手に筒抜けになるのだろうなぁ、と思っています。

だから、私は本心を全て見透かされても良いように、本当の意味で、自分の心をきれいに磨いておくよう心がけています。

上記のテクニック(スキル)についても、少しずつ紹介していきたいと思っています。

今日の問いかけ

開かれたコミュニケーションができる状態をいつでも作れるとしたら、あなたの生活・人生はどのように変わりますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム