チャンスは準備ができている人に訪れる

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「チャンスをゲットする方法」です。

チャンスを受け取る

チャンスは、どんな人に訪れるのか?

「チャンスは、準備ができている人に、訪れる。」

というのを聞いたことがありますか?

例えば、海外赴任をしたい、と願っているビジネスパーソンが2人いることを想像してみてください。

Aさんは、いつ辞令が下りても大丈夫なように、普段から語学を学んでいます。

Bさんは、いつか語学を学びたいなぁ、と思っているだけです。

その他の仕事のスキルなどは、すべてほぼ同等です。

ちょうどその時、2人の上司のところに、海外支社に1人赴任させるので、誰か候補を挙げて欲しい、という話が湧き上がりました。

その上司は、AさんもBさんも、赴任させるには相応しい人物、ビジネスパーソンだと思っています。

ここで、もしその上司が、Aさんが語学を学んでいることを知っていたとすれば、

「Aさんを指名しよう。」

という気持ちになる可能性が高いと思いませんか?

「チャンスは、準備ができている人に、訪れる。」

というのは、こういうことを言っているのですね。

いつでもしっかりチャンスを受け取れるように、準備をしておきたいものです。

チャンスを受け取る準備はできているか?

「そうは言っても、私はどちらかというと、Bさんタイプかも。」

とか、

「準備をしておきたいとは思っているけれど、なかなか準備ができない。」

という場合はどうしたら良いでしょうか?

上司が、海外赴任を任せるならば、語学を学んでいるAさんを指名したくなる、としましたが、会社というのは、そう単純ではない場合があります。

Bさんを鍛えるために、あえてBさんを指名する場合もあります。

では、指名されたBさんのことについて考えてみましょう。

海外赴任したいと願っていて、語学を学ぼうとは思っていながら、まだ学べていないBさん。

そんなときに、海外赴任の辞令が下りました。

このときのBさんの反応としては、2つ考えられます。

ポジティブな反応とネガティブな反応の2つです。

「うわっ、語学を学んでおけば良かったなぁ。
 でも、これはチャンスだ。ラッキー!
 この機会に、赴任までにしっかり語学を学ぼう。」

というポジティブな反応。

「うわっ、語学を学ばなくちゃと思いながら、何にもしてなかった。
 海外赴任大丈夫かなぁ?
 まだ準備ができてないから、今回は辞退しちゃおうかな。」

というネガティブな反応。

ちょっと極端かもしれませんけどね(笑)

確かにBさんは、

「語学を学んでおく」

という準備はできていませんでした。

しかし、海外赴任の辞令を受ける、心の準備ができていて、ポジティブな反応ができたのであれば、この辞令をチャンスにすることができますね。

ネガティブな反応をしてしまったら、せっかくのチャンスを逃すことになってしまいます。

チャンスが来たら、いつでも対応できる、心の準備をしておくことも大切だということです。

今日の問いかけ

あなたは、いつでもチャンスを受け取れるよう、どんな準備をしていますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム