振り子の法則

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「宇宙の法則・自然の摂理」です。

振り子の法則

振り子の挙動

振り子は、右に振れた分と同じだけ、左に振れます。

右に小さく振れれば、左に小さく振れます。

右に大きく振れれば、左に大きく振れます。

右に振れることがなければ、左に振れることはありません。

左に振れることがなければ、右に振れることはありません。

悪い出来事と良い出来事

悪い出来事が起きれば、良い出来事が起きます。

小さな悪い出来事が起きれば、小さな良い出来事が起きます。

大きな悪い出来事が起きれば、大きな良い出来事が起こります。

また、悪い出来事に思えることには、見方を変えると見えてくる、もしくは、後から気付く良い側面があるものです。

小さな悪い出来事には、小さな良い側面があるものです。

大きな悪い出来事には、大きな良い側面があるものです。

実は、うまくバランスが取れているものです。

悪い出来事を経験しているとき、次に起こる良い出来事とは何だろう?

とワクワクしながら、過ごすのも良いでしょう。

悪い出来事に隠れている、良いこととは何だろう?

とウキウキしながら、探してみるのも良いでしょう。

悪い出来事の意味

ここで、違った見方をしてみましょう。

もし、人生の中から、悪い出来事が全くなくなってしまったら、どうなるでしょうか?

悪い出来事がなくなってしまったら、良い出来事が当たり前になってしまい、良い出来事が良いことと感じられなくなってしまいます。

お腹が空いているときの食事は美味しいですよね。

でも、1日24時間ずっと食べ続けたら、どんなに美味しい料理も飽きてしまいます。

仕事が忙しいから、仕事が嫌だから、一生遊んで暮らしたいと思うかもしれません。

でも、仕事があるから、遊びを楽しめるのです。

1年365日遊んでいたら、飽きてしまいます。

仕事にも本気で取り組むから、本気で遊びを楽しむことができるのです。
(そもそも、仕事が退屈なもの・辛いもの・嫌なもの、という発想もどうかと思いますが。)

幸せを感じるためには、それと対比できる、ちょっと辛いことが必要なのです。

美味しいと感じるためには、それと対比できる、そんなに美味しくないものが必要なのです。

感情は、グラデーションがあって初めて味わえるのです。

振り子が左右に振れるように、悪いことも良いことも起こります。

同じ出来事の中にも、悪いところと良いところを見出すことができるのです。

今日の問いかけ

あなたは、人生でどんな振り子を振らせますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム