計画の細分化

この記事は1分で読めます

大きな目的を達成するためには、計画を細分化する必要が出てきます。

そのときの、考え方を紹介します。

段取り

計画の細分化法

目の前に3mの壁があって、これを乗り越えようとしているとします。

とっても大変そうですよね。

というか、チャレンジする前から、やる気が出ないかもしれません。

大きすぎるステップは尻込みしてしまう

これと同じように、大きなことを成し遂げようとしているとき、それが大きければ、大きいほど、成し遂げるのは大変です。

チャレンジする前から、尻込みしてしまいそうです。

自分が、今すぐ昇れる大きさのステップに

壁を乗り越えようとしたら、はしごをかけるなど、一段一段、自分が昇れる程度の段を用意し、その段を昇っていけば、3mの壁でも、最終的には乗り越えられそうです。

大きなことを成し遂げるときも同じように、今すぐ自分にできる程度の段に、作業を分割(細分化)して、その細分化した作業を一つずつ完了させていけば、どんなに大きなことでも、最終的には成し遂げることができるのです。

ちなみに、このように、段を用意することから、

「段取り」

という言葉ができたのです。

あなたは、大きなことを成し遂げるために、どんな「段取り」をしますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム