集中の力

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「うまくいく法則」です。

日光

分散させるか、集中させるか

小学生のころ、虫メガネを使って日光を一点に集め、黒い紙や鉛筆で黒く塗った紙を焦がす、という実験をしたことがあると思います。

日光は暖かく、地上のものにさまざまな恩恵を与えてくれますが、虫メガネを使って一点に集中することで、紙を焦がすだけの強い力になります。

力を一点に集中させる・力を加える範囲を小さく絞る、この集中力が大きな力を生み出します。

今、あなたの力が小さかったとしても、一点に集中する・範囲を絞ることで、大きな結果を生み出すことができるのです。

複数のことを同時並行で進めなければならないときは

ときには、あれもこれも同時並行で、一度にこなさなければならない場合もあると思います。

このときも、全体に少しずつ力を注ぐのではなく、短い時間に区切り、その区切った時間内では小さな一点に集中する。

そして、短い時間の区切りを集中したら、次の区切りでは次のことに集中し、またその次の区切りでは次のことに集中する。

これを素早く切り換えて行けば良いのです。

パソコンの歴史について詳しい方ならばご存じだと思いますが、昔のパソコンはシングルタスクと言って、一度に一つのアプリケーションしか動かすことができませんでした。

今で言ったら、ワードで文書を編集していて、エクセルで表計算をしたいなぁと思ったら、一度ワードを終了させてからエクセルを起動しなければなりませんでした。

もちろん、当時はまだ、ワードもエクセルもありませんでしたが。

今のパソコンはマルチタスクと言って、同時に複数のアプリケーションを動かすことができます。

今、あなたがこの文書を読んでいるときに、メールソフトが動いていてメールの着信を教えてくれているかもしれません。

YouTubeで動画を再生しながら、この文書を読んでいるかもしれません。

この文書をプリンタで印刷しながら、別の作業をしていたかもしれません。

ところが、

「同時に複数のアプリケーションを動かすことができる。」

と書きましたが、

厳密に言うと、CPU(コンピュータの頭脳)は、一度には一つのことしか処理できません。

人間には、同時に複数のアプリケーションが動いているように見えますが、実はAというアプリケーションを少し実行したら、次はBというアプリケーションを少し実行し、その次にはCというアプリケーションを少し実行し、そしたら、次はAの続きを少し実行し、Bの続きを少し実行し、Cの続きを少し実行し、...。

ということを、人間の目や感覚では分からないくらいの速さで、切り替えながら繰り返しているのです。

CPUは一度には、一つのことに集中しているのです。

もしあなたが、あれもこれも同時並行で一度にこなさなければならない場合は、これと同じようなことをすれば良いのです。

どんなときにでも1点に集中することで、大きな結果を出したいものですね。

今日の問いかけ

あなたは大きな成果を得るために、今この瞬間、何に力を集中しますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム