学問のすゝめ

この記事は1分で読めます

「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」

これは、福沢諭吉氏の「学問のすゝめ」の有名な言葉です。

学問

「人は生まれながら平等である」

「才能・資質に優劣はない」

という考え方です。

私もそう思います。

そして、この一節には、あまり触れられない続きがあります。

「平等」「優劣はない」はずなのに、世の中を見ると、

  • 賢い人とそうでない人
  • 豊かな人とそうでない人
  • 幸せな人とそうでない人
  • 健康な人とそうでない人

がいるのはどういうことでしょうか?

と、福沢諭吉氏は疑問を投げかけてきます。

そして、こう分析しています。

  • 賢くなるために、学んでいるか?
  • 豊かになるために、学んでいるか?
  • 幸せになるために、学んでいるか?
  • 健康になるために、学んでいるか?
  • さらに、学び続けているか?

この違いが、違いをもたらしているのだと。

だから、学びなさい、学び続けなさいと、学問をすゝめているんですね。

あなたは、何のために、何を学びますか? 学び続けますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム