見ただけでは、分からないこともある。

この記事は1分で読めます

終始、難しい顔をしているセミナーの受講生がいました。

難しい顔

見た目で判断すると

私が開催したセミナーでのことです。

セミナー中、終始難しい顔をして、話を聞いていた受講生がいました。

私は、それを見て、

  • 「理解できてないのかな」
  • 「退屈しているのかな」
  • 「何か、気に入らないことがあるのかな」

と思いながら、セミナーを進行していました。

本人に確認すると

セミナーの最後に、一人ひとり、感想を話してもらう場を作るのですが、その受講生は、

「とても楽しかった。」

と言ってくださいました。

「終始、不機嫌そうな顔をしていたけれど?」

と尋ねてみると、

「真剣に、そして、興味深く話を聞いていたので、そうなってしまったのかもしれません。」

とおっしゃいました。

情報収集は入念に

聞いてみなければ、分からないモノですね。

このように、見た目だけで判断してしまうのは、ありのままを、観察できていないことになります。

確かに、観察や見た目から得られる情報は、たくさんあることは事実です。

しかし、見た目だけで判断するのではなく、相手に確認してみるというのも、相手を理解するのには必要なことです。

もちろん、相手に確認のしようがなく、見た目だけで判断しなければならないこともあります。

それでも、なるべくたくさんの情報を集めることが、正しい判断を導き出す上では、大切ですね。

あなたは、どんなことについて、見た目だけで判断せず、直接相手に確認してみますか?

関連記事


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム