「ごめんなさい」と「ありがとう」と

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「言葉」です。

言葉を使い分ける

言葉をキチンと使い分けることって、大切だなぁと思うことがよくあります。

人間は、言葉でものごとを考え、考えたことが行動に影響するからです。

すいません

「あ、すいません」

この言葉はどんなことを意味するでしょう?

状況によって違うとは思いますが。

例えば、電車の中でお隣さんの足を踏んでしまったときに言う

「あ、すいません」

これは「ごめんなさい」の意味ですよね。

例えば、電車の中で、傘を置き忘れたことを教えてもらったときの

「あ、すいません」

これは「ありがとう」の意味ですよね。

はっきりと自分の気持ちを表し、伝えるのならば、

「ごめんなさい」と「ありがとう」は、しっかり使い分けた方が良い、と思っています。

どうも

似たような言葉に

「どうも」

があります。

「どうもありがとう」なのか、「どうもすいません」なのか。

あなたが気になる言葉、良く使っている言葉は何ですか?

今日の問いかけ

あなたが良く使う言葉の中に、使い分けができる言葉はありますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム