長所伸展か短所補完か

この記事は2分で読めます

長所を伸ばすか? 短所を補うか?

自分の能力を伸ばしたいと思ったときに、2つのアプローチがあります。

  1. 長所をさらに伸ばす(長所伸展)アプローチ
  2. 短所を補う(短所補完)アプローチ

です。

私がお薦めするのは、長所を伸ばす(長所伸展)アプローチです。

なぜなら、短所に向き合うのは、ちょっと気が重くないですか?

長所と向き合う方が、気分が良いと思うのです。

長所と短所

長所伸展アプローチを薦める理由

短所に向き合うのに、気が重くて、なかなか行動を起こせない、行動を起こしても続かない。

というのでは、結果がなかなか出せません。

なかなか結果が出なければ、楽しくありません。

一方、長所を伸ばそうとするのは、気が楽で、すぐにでも行動を起こすことができて、容易に続けることができます。

ということで、結果も出やすくなります。

結果が出れば、楽しくなります。

これが、私が長所を伸ばす(長所伸展)アプローチをお薦めする理由です。

そもそも「長所」「短所」とは

ただ、どちらかのアプローチを選ぶかの前に、考えてみたいことがあります。

そもそも、「長所」「短所」とはどういうものなのでしょうか?

言葉に注意を向けてみましょう。

「長所」も「短所」も、長いか短いかの違いであって、どちらも長さを表す言葉です。

長さには、マイナスはありません。

長さはすべてプラスですよね。

つまり、「長所」も「短所」も、どちらもプラスの部分なのです。

ただ単に、自分の他の能力と比べて、長いのか、短いのか。

他人の能力と比べて、長いのか、短いのか。

を言っているだけです。

ということは、比較対象がなければ、長いも、短いもない、ということです。

自分の短所と思っていることは、それを長所としている他の人がいる、ということです。

ならば、自分の短所を、その人に補ってもらったら良いと思いませんか?

自分の長所と思っていることは、それを短所としている他の人がいる、ということです。

ならば、自分の長所で、その人を助けてあげたら良いと思いませんか?

そういう意味も含めて、自分の短所を自分で補うより、他者に補ってもらって、自分の長所を他者の役に立てるように、もっと伸ばしていく、という方が良いと、私は考えます。

その方が、自分で自分の短所を補うよりも、短期間に成果が上ると思うのです。

あなたは、長所を伸ばしたいですか?

それとも、短所を補いたいですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム