対症療法と根治療法

この記事は2分で読めます

「こんな問題が起きているんですけど、どう対処したら良いですかね?」

という相談を受けることがあります。

コーチの私としては、この質問に対しては、お答えしたくない、というのが本音です。

なぜかと言いますと・・・。

問題解決

問題解決のアプローチ

以前良く使っていた、地下鉄の駅構内のことです。

その駅の1つの出入口(A出入口としましょう)は、オフィスや商業施設がたくさん入っている、大きなビルに直結しています。

利用客が多い時間帯には、A出入口へ向かう通路付近では、

「A出入口付近は左側通行です。ご協力お願いします。」

というような内容のアナウンスが、30秒に1回くらいの頻度で流れています。

しかも、かなり大きなボリュームで。

どうして、こんなにアナウンスを繰り返すのかなぁ、と疑問に思っていました。

よほど、マナーが悪い人が多いのか? とも思いました。

あるとき、その理由が分かりました。

大きなビルに直結しているA出入口なのですが、そのビルの敷地に入ると、すぐにエスカレータがあります。

そのエスカレータが、右側通行なのです。

ビルから駅に来る人は、右側通行のエスカレータに乗って、A出入口にやって来ます。

意識しなければ、右側通行のまま駅構内の通路を進むことになります。

左側通行をするためには、人の流れを無視して、クロスしなければなりません。

一方、ビル内のオフィスに向かう人(普段から良く利用している人)は、エスカレータが右側通行だということを知っているので、駅構内から、すでに右側通行をしているのです。

いくらアナウンスで、うるさく左側通行を促しても、構造がそのようになっていないので、無理があるのです。

アナウンスで告知する、という対症療法よりも、通路とエスカレータの運用を合わせる、という根治療法の方が、よほど問題解決には近道だと思うのです。

問題が起きてから対処するのか、問題が起きないように対処するのか

このことと同じように、冒頭の相談を考えると、起きる問題の対処を考えて準備しても、もぐらたたきゲームのように、繰り返し問題が起きて、その都度対処することになります。

それよりも、問題が起きないようにするにはどうするかを考えて、手を打つ方が、よほど効果的だと思うのです。

例えば、

Q:「良く穴に落ちるのですが、どうしたら素早く穴から出られるようになりますか?」

という相談を受けたら、

A:「それより、穴に落ちないようになるには、どうしたら良いかを考えた方が良くないですか?」

と答えると思うのです。

もちろん、直面している苦痛を和らげるための、対症療法は必要です。

しかし、それだけではなく、根治を目指すことが重要です。

あなたが今抱えている問題の、根本的な原因を取り除くには、どうしたら良いと思いますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム