他人や世間の目が気になるときは。

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「世間体」です。

他人の目

周りの目ではなく、自分自身の目を気にしている

「あの人は、私のことを◯◯だと思っているのではないか?」

と他人や世間の目が気になることって、ありませんか?

これって、あなたこそが、他の人を◯◯だと思って見ることがあるから、そんな風に気になるんですよ。

あの人は、何とも思っていないということの方が多いのです。

では、詳しく解説していきましょう。

具体例(私の場合)

私の例を挙げてみましょう。

私は、電車の中や飲食店など、周りに知らない人がいる場所で、大きな声で話をすることができません。

なぜかと言うと、自分が話している内容が周りの人に聞こえていて、もし間違ったこと(自分では正しいと思っていることでも)を喋ってしまったら、

「あいつ、大きな声で堂々としゃべってるけど、言ってること間違ってるぜ!」

と、冷ややかな目で見られるのではないか?

それは恥ずかしい、と思っているからです。

なぜ、そんな風に思うのかを深堀りしたことがあります。

そしたら、他ならぬ自分自身が、他の人の話に聞き耳を立てて、間違ったことを話していると、

「あいつ、大きな声で堂々としゃべってるけど、言ってること間違ってるぜ! 恥ずかしい。」

と思っているのです。

自分がそう考えるから、他の人も同じように考えるだろう、と思っているのです。

ただ、それだけでした。

事実は?

他の人には他の人の事情があって、他のことを考えているわけで、自分が考えるのと同じようには考えない、というのが事実です。

今日の問いかけ

あなたが、他人や世間の目を気にしてしまうことは何ですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム