運命を切り拓く考え方

この記事は1分で読めます

困難に直面したときに、考え方次第で、その後の運命を変えられる、というお話です。

「古井戸に落ちてしまった、年老いたロバの話」
(アメリカの小話より、少々の脚色あり)

を紹介します。

逆境

最悪の状況

あるとき、年老いたロバが、もう枯れてしまっている古井戸に落ちてしまった。

ロバの飼い主は、救出する方法を考えたが、深い井戸だったので、救出は難しいと考えた。

さらに、

  • ロバは、年老いていて、救出する価値はない。
  • 古井戸は、すでに枯れている。
  • 他の動物が、また落ちてしまってはいけない。

ということで、飼い主は近所の人の手を借りて、ロバともども、井戸を埋めてしまうことにした。

状況を正しく把握する

みんなで土を、古井戸に放り込んでいく。

「何が起きてる?!」

古井戸の中の、年老いたロバは驚いた。

土が背中に当たり、ひどく痛む。

救ってもらえない悲しさ。

「もうここで、このまま死ぬんだな。」

と運命を受け入れようかと思った。

何を選択するかで、その後の運命が決まる

そのときに、あるアイデアがひらめいた。

土が背中をひどく打つたびに、背中の土を振り落とし、足で踏み固める。

何度も、何度も、土が背中を打ち、激痛が走る。

途中、何度もくじけそうになる。

しかし、あきらめずに、土を振り払っては、踏み固める。

とうとう、古井戸は土で一杯になり、ロバは古井戸から脱出することができた。

もし、飼い主が土を放り込み始めたときに、運命を受け入れて、土に埋もれて行っていたら・・・。

逆境を受け入れるか、窮地から抜け出す方法を見出すか

ドロをかけられることもあるかもしれない。

逆境に出会うこともあるかもしれない。

しかし、それを活用して、その窮地から抜け出す。

それもこれも、何にフォーカスするかということ。

逆境を嘆くことにフォーカスするのか、何とかして、その窮地から抜け出すことにフォーカスするのか、その違いが、その後の運命を大きく変えていく。

というお話。

あなたは、どんな選択しますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム