キャパシティ内に留まるか、キャパシティを広げるか

この記事は1分で読めます

ある湖で、魚釣りをしている釣り人がいました。

釣り人

小さめの魚だけ持ち帰る釣り人

その釣り人は、魚を釣り上げるたびに、釣った魚の大きさを吟味していました。

通常ならば、一定以上の大きさの魚を持ち帰り、それより小さい魚は放してあげるものですが、その釣り人は違っていました。

その釣り人は、一定以上の大きさの魚を放し、それより小さい魚を持ち帰るために、“びく”に入れていました。

それを見ていて不思議に思ったある男が、その釣り人に尋ねました。

「なぜ、大きな魚を放してしまうんだい?」

釣り人は答えました。

「家のフライパンが小さいから、大きな魚は調理できないんだ。
 だからフライパンに入る魚だけ持って帰るのさ。」

その答えを聞いて、男は言いました。

「なぜ、フライパンを大きなものにしないんだい?」

釣り人を笑えるか?

さて、あなたはこの釣り人を、どう思うだろうか?

「まぬけだな~」と思っただろうか?

「あ、自分もそんなところがあるかも」と思っただろうか?

「今までに、やったことがないから」

「今までに、できたことがないから」

ということを、新しいことにチャレンジしない言い訳にしたことはないだろうか?

釣り人のフライパンを、あなたの経験、スキル、能力、キャパシティと置き換えてみたらどうだろう?

フライパンより大きな魚を放してしまう。

つまり、自分の経験、スキル、能力、キャパシティを超える仕事やチャンスを見送ってしまう。

「やったことがないから」

「できたことがないから」

もちろん、フライパンを変えてみただけでは調理できないほどの、大きな魚ならば話は別だが、フライパンを少し大きくしてみることを考えることなら、できるだろう。

自分に合わせるか、自分を合わせるか

自分の経験、スキル、能力、キャパシティをストレッチ(拡大、拡張)するために、

「やったことがない」

「できたことがない」

ことにも、チャレンジしてみる気持ちも、必要なのではないか、と思わされる話である。

あなたは、自分のキャパシティ内に留まり続けますか?

少しずつでも、自分のキャパシティを広げていきますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム