ドリームキラーに気をつけろ

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「うまくいく法則」です。

STOP

誰のアドバイスを聞くか?

うまくいきたければ、

「うまくいっている人のアドバイスだけを聞く。」

ことが大切です。

できるようで、なかなかできることではありません。

何か新しいことを始めようとすると、

  • そんなのうまくいくはずないよ。
  • おまえに、そんなことできるはずない。
  • そういうことは、やめておいた方が良い。
  • などなど、・・・

という、貴重な(?)アドバイスをくれる人が現れます。

特に、身近な人ほど、そんなことを言って(反対して)くれます。

両親だったり、夫(妻)だったり、彼氏(彼女)だったり、親友だったり。

このような人たちを「ドリームキラー」と言います。

あなたの夢(ドリーム)を潰す人(キラー)ということです。

ドリームキラーの存在理由

なぜ身近な人ほど、ドリームキラーになりやすいのか、というのには、いくつか理由があります。

  • 大事な人が、自分にはよく分からない、新しいことを始めようとしている。
    大事な人が危ない目に遭うのは、心配だ。辞めさせよう。
    と、相手の人が、自分のことを、本気で心配してくれている場合。
  • 自分の身近にいる人が、うまくいっちゃって、遠い存在になってしまったら、淋しい。ここに留まらせなければ。
    と相手の人が、自分のことを、大事に思ってくれている場合。

これら場合は、反対してくれた人に、感謝をすることが大切です。

あなたのことを、大切に思っているからこそ、反対してくれているのですから。

ただし、この反対してくれている人が、うまくいっている人の場合は良いのですが、そうでない場合は要注意です。

その人のその考え方が、今のその人を作っていると考えると、その人の意見に従うと、今のその人と同じような境遇になることは容易に想像ができます。

それが、あなたの望むことであるならば、それに従うのが良いでしょう。

望むものと違うのであれば、助言に感謝しつつも、その意見は無視しないといけないでしょうね。

もう一つの理由

ドリームキラーのもう一つの存在理由があります。

それは、

  • 身近な人に反対されてまで、その新しいことをやり遂げたいという気持ちが本当にあるのかを、神様が試してくれている場合。

これは、自分自身が試されているのです。

このような試練は、次々に起こります。

何度も壁にぶつかります。

「それでもあなたは、それをやり遂げたいですか?」

と試されているのです。

その試練に負けてしまう人は、もともと、それほどやり遂げたいという気持ちが強くなかったのです。

やり遂げなくても良かったのです。

一方で、その壁を乗り越えた人は、目標を達成します。

壁を乗り越えてきた分、達成が嬉しいものになります。

何もなく、すんなりできてしまったら、達成してもつまらないですからね。

だからといって、わざわざ試練を引き寄せる必要はありませんが。

今日の問いかけ

あなたは、今、どんな試練に会ってますか?

それとも、すんなり進んでますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム