コップに入った水

この記事は1分で読めます

この写真。コップに水が半分入っています。

この状況を、あなたはどのように見ますか?

ポジティブ思考とネガティブ思考

コップに入った水を、

  • 「コップに半分も、水が入っている」と見るか
  • 「コップに半分しか、水が入っていない」と見るか

それが、ポジティブ思考とネガティブ思考の違いだ、というような説明がありますが、これって、いまいち分かりにくくないですか?

私だけですかね?

私が聞いた説明は、少し違っていました。

ステージは砂漠。

何時間も、水を飲まずに歩き続けてきた、2人の男(AとB)が、写真のコップを見付けて一言。

A:「誰だか分かりませんが、後から来る人(私)のために、
   水を半分残しておいてくれて、ありがとう。」

B:「誰だ!? 水を半分も飲んでしまったのは(怒)!?」

この違いはお分かりですよね。

フォーカスの違い

Aは、残っている水にフォーカスしているのです。

Bは、無くなっている水にフォーカスしているのです。

こちらの喩え話の方が分かりやすくないですか?

ま、人それぞれでしょうけど。

もっと大切なこと

確かに、この状況をポジティブに受け取るのか、ネガティブに受け取るのか、という違いは、その後の思考や行動に影響を与えます。

しかし、それ以前にもっと大切なことがあると思うのです。

それは、「コップに水が半分入っている。」と、あるものをありのまま見ること。

先入観(バイアス)があると、状況を見誤ってしまう可能性が高まってしまいます。

先入観(バイアス)なく、ありのままを見るのは、意識しないとできないことです。

なので、まずは、先入観(バイアス)なく、ありのままを見られるようになることが大切だと思います。

あなたは、写真のコップの水を見て、どんな風に思いますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム