富裕層の常識と一般人の常識

この記事は2分で読めます

先日、富裕層と言われる範疇にいらっしゃる、知人とお話させていただきました。

その中で、富裕層の常識と一般人の常識の違い、という話になりました。

その方曰く、富裕層の常識の1つとして、

「いい話、お得な話は人からしかやってこない。
 宣伝されている(広く知られている)情報は、すでに良い話ではない。」

というのがあるというのです。

Win-Win

Win-Winの関係を大事にする富裕層

例えば、私は、富裕層の人たちは、

「お金があるから良いものを持っている。買うことができる。」

と思っていました。

しかし、その方にお話を伺ってみると、

「良いものを、お得な価格で手に入れている。」

というのです。

(そんな価格で手に入るのなら、一般人の私にも手が届く!
 と思うほどのお得な価格です。)

それは、通常のルートで買い物をしているのではなく、商品やサービスを提供している会社、経営者などとの人脈から、通常よりお得な価格で購入できるルートを紹介してもらって、買い物をしているから、ということなんです。

つまり、お得な情報が人から、やってきているのです。

買い物だけでなく、投資やビジネスの話も、人脈からやってきているのです。

質の良い情報を提供すれば、富裕層はお金を出します。

情報を提供する側にしてみれば、喜んでもらえる確かな情報を提供する方が、自分たちの利益になるのです。

情報を受け取る側も、確かな情報であるならば、喜んでお金を出すことができます。

Win-Win の関係なのです。

Win-Loseの関係に走ってしまう一般人

一方、一般人には、そのようなお得な情報が入ってきません。

富裕層の情報は、富裕層の中だけで回っているからです。

そういうことなので、一般人が富裕層に入ろうとするときに、ちょっとムリをしてしまうことがあるというのです。

人を食いものにしたり、利用したりして儲けようという、グレイな(黒い)方に、行ってしまうのです。

Win-Lose の関係になってしまうのです。

そんなことがあるので、一般人の間では、

「うまい話には気を付けろ!」

というのが常識になっている、というのです。

情報の本質を見抜く力

そして、広くみんなが知っている(知るであろう)、マスコミで取り上げられている情報ならば安心だ、と思うのだそうです。

しかし、マスコミにはスポンサーがついています。

マスコミのお客様は視聴者、聴取者ではなく、スポンサーです。

そうだとしたら、視聴者や聴取者のための情報より、スポンサーのための情報が流されているはずです。

このように、情報があふれているこのご時世に、情報の本質を見抜く力が必要だ、ということおっしゃっていました。

あなたの常識は?

今回は、1つの常識として、情報源のことを取り上げてみました。

あなたの常識は、

「良い話は人からしか来ない」というものですか?

「良い話には気を付けろ!」というものですか?

関連記事


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム