あなたを縛り付けている制限・制約は思い込みでは?

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「制限・制約」です。

関連記事

可能性を制限しているものは何か?

先日、とあるセミナーに参加しました。

講師も、内容も、参加している方々も、すべてがとても素晴らしく、学びの多いものでした。

しかし、一つだけ気になったことがありました。

次回のセミナーの告知をしているときのことです。

「この部屋は、定員が決まっています。

 申し込みが定員を超えたら、申し訳ないですが、お断りさせていただきます。

 なので、お申し込みはお早めにお願いします。」

おそらく、この言葉は、希少性や緊急性をアピールして、行動を促すための、セールストークなのだと思うのです。

それならそれで良いのですが...。

本当の制限・制約は別にあるのでは?

その日は、ほぼ定員いっぱいの参加者がいらしていました。

このようなことを言うということは、今までにもお断りをしたことがあるのだろうな、と推測しました。

それならば、

「もう少しキャパの大きな部屋を、用意したらいいのに。」

と大きなお世話ながら、そう思ってしまいました。

例えば、

  • あまり人数が多いと、参加者との会話のキャッチボールがやりにくいから、少人数でやりたい。
  • 自前の会場の方が、会場を借りるより、自由度があってやりやすい。
  • 大きな会場を自前で持つには、まだ収益が足りない。

などの他の理由があるのならば、話は別です。

しかし、本当に部屋のキャパだけの問題だとしたら、あの内容のセミナーを、もっとたくさんの人に参加してもらえるように、広い部屋を用意すれば良いのに、と思いました。

自ら、ビジネスの可能性、多くの人にセミナーの内容を伝えるという使命を

制限してしまうことはないのに、ともったいなく感じてしまいました。

今日の問いかけ

あなたの可能性の制限・制約になっていると思っていることが、本当はそうではないのとしたら、本当の制限・制約は何だと思いますか?

関連記事


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム