個性とは?

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「長所・短所」です。

歯車

個性とは、長所と短所が織りなす模様である。

個性とは、どんなモノだと思いますか?

長所と短所(喩え話)」で、才能を1〜5までの数字が書いてあるカードで、それぞれ大小の2種類があると喩えました。

すると、例えば、Aさんは、

2345

Bさんは、

12345

という具合になります。

これを大を―、小を_というように線で表すと、Aさんは、

―__――

Bさんは、

――___

のようになります。

この場合、線で表される模様は、2の5乗=32通りあることになります。

実際には、人の才能は、5種類ということはなく、無数にあります。

また、大小の2段階ということはなく、無段階が存在します。

すると、線で表すと、人それぞれ、何やら曲線のような模様になります。

そして、模様は無数のパターンが存在することになります。

つまり、同じ模様を持った人はいない、ということです。

この、人それぞれの模様が「個性」の一つの表現方法ということができます。

個性に優劣はない。模様は全て美しい。

「個性」を表す模様には、どんな模様が良くて、どんな模様が悪いという優劣はありません。

どの模様も美しいのです。

とはいえ、特定の仕事をこなしたり、任されている役割を果たしたり、する必要がある場合には、どんな模様が向いていて、どんな模様が向いていないのか、ということはあるとは思いますが。

一人の個性で足りなければ、組み合わせれば良い。

もし、あなたの模様(=個性)が成し遂げたいことに向いていないとしたら、あなた一人で立ち向かう必要はないのです。

チームを組んで、チーム全体としてスキのない模様になるようにしたら良いのです。

あなたが苦手な部分を得意とする人が必ずいます。

その人は、得意なことですから、喜んで力を貸してくれるでしょう。

そして、あなたよりスムーズにこなしてくれるでしょう。

その代わりに、その人の苦手なことで、あなたが得意なことがあったら、あなたが力を貸してあげたら良いのです。

今日の問いかけ

あなたの個性は、どんな模様ですか?

あなたが成し遂げたいことは、どんな模様の組み合わせで実現できますか?

P.S.

「個性」を表す模様には、どんな模様が良くて、どんな模様が悪いという優劣はない、と言われても、どうしても「短所」が気になってしまいますよね。

短所が気になる理由とは?」で、解説していますので、ご覧になってください。


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム