今いる環境を、地獄にも天国にもできる、思考と行動の方法

この記事は2分で読めます

自分が置かれている環境を不満に思ったり、不平を言ったりすることは、ありますか?

自分が置かれている環境が、自分の理想とかけ離れていると、辛いものですよね。

ましてや、自分がその環境を作っているリーダーだとしたら、なおさらのことです。

今日は、思考と行動を変えることで、環境を地獄にも天国にも、変えることができる、というお話です。

天国か地獄か

今いる環境は、コントロールできる

まずは、嬉しいお知らせです。

気象状況や天災など、あなたの意思や希望によりコントロールできないものとは違い、あなたのいる環境は、あなたの意思や希望によってコントロールできるものである。

ということです。

まずは、このことを知っておくと、安心感が湧きますね。

あとは、どうすればコントロールできるのか?

という方法を、身に付ければ良い、ということになります。

地獄と天国の一致点と相違点

こんな話を聞いたことがあるでしょうか?

地獄の食卓と天国の食卓の違い、についてのお話です。

実は、地獄の食卓も天国の食卓も、全く同じものが提供されています。

立派なテーブルセットに、とても豪華なお料理です。

ただし、普段私たちが目にする地上の食卓と違うところが、一点だけあります。

それは、使う箸の長さです。

私たちが地上で使う箸の長さは、15〜20cmほどです。

しかし、地獄と天国で使われるの箸の長さは、なんと1mほどあるのです。

1mというと、腕よりも長いのです。

なので、地獄でも、天国でも、食事風景は、地上のそれとは少々様子が違っています。

地獄の様子

地獄の食事風景はというと、豪華なお料理が、たっぷり提供されているのにも関わらず、地獄の住人はみんな、痩せこけて、飢えています。

なぜでしょう?

地獄の住人はみんな、他の誰よりも先に、たくさんの料理を食べてやろう、と躍起になっています。

しかし、持っているのは1mの箸です。

上手に自分の口に、料理を運ぶことができません。

ですので、十分に食べることができずに、みんな痩せこけて、飢えています。

食卓も殺伐としています。

天国の様子

一方の天国の食事風景はというと、天国の住人は、みんなふくよかで、満足そうです。

なぜでしょう?

天国の住人は、自分の箸でつかんだ料理を隣の人に食べさせてあげています。

その隣の人は、またその隣の人、その人は、また隣の人、そして、食卓を一周して、最初の一人も、隣の人から食べさせてもらっているのです。

食卓は、みんな楽しく、和気藹々としています。

このように、地獄の食卓も、天国の食卓も、提供されているモノは、全く同じです。

しかし、そこで生きる人たちの考え方、行いの違いで、ずいぶん違った様子に、なってしまっています。

あなたの環境は?

さて、振り返って、あなたのいる環境はいかがでしょうか?

あなたのいる環境は地獄ですか? 天国ですか?

または、その中間辺りですか?

今あるモノ、今いる人材、に不平不満を言って過ごすのか、良いところを見つけて、それを活かすように考えて、行動するのか。

そこで過ごす住人の、考え方と行い次第で、どうにでもすることができるのです。

そして、その住人の考え方と行いの手本となって、先を行くのが、リーダーである(となる)あなたの役目なのかもしれません。

あなたは、あなたのために、あなたのいる環境をどんなものにしていきますか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム