最終的に欲しいのは「感情」

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「目標」です。

感情

目標が明確なほど要注意

コーチをしていて、ときどきお会いするのが、

「もう私は、○○だけが目標なんです。」

という方です。

○○は、東大に入る、弁護士になる、社長になる、などさまざまですが。

目標が明確になっていてよろしいのですが、少し心配です。

そんなとき

「○○が達成できたら、どうなりますか?」

「○○が達成して、どうしますか?」

と質問してみます。

この質問の答に対して、また同じ質問を繰り返して、深堀りします。

そうすると、その人にとってのホントの目標が分かってきます。

例えば、医師になりたいという人の場合、

Q:「医師になって、どうしたいのですか?」

A:「たくさんの人の命を助けたいです。」

Q:「たくさんの人の命を助けたら、どうなりますか?」

A:「みんなから感謝されます。」

Q:「みんなから感謝されたら、どうなりますか?」

A:「嬉しいです。」

これは、例のために作った Q&A なので、実際にはこんな単純ではないでしょう。

それに、質問の仕方も工夫しないと、同じ事ばかり聞かれていると思われてしまい、こんなにすんなり答えを引き出せないかもしれません。

とはいえ、ほとんどの場合が、このような話の流れになります。

実際に誰かにやってみていただいたら、お分かりになると思いますよ。

そして、この例の場合、最終的には「嬉しい」という「感情」を得たいと思っているのです。

目標達成と幸せは別物である

その人は○○の目標を達成すれば、その欲しい感情が得られると思っています。

ところが、私から見ると実は○○の目標を達成しても、その感情は得られないのでは?

と思うことが多いのです。

もしそうだとすると、その人は人生を掛けて○○の目標達成に対して努力をしたのに、○○を達成したのに、それにも関わらず欲しい感情を得られない。

そうだとしたら、その人の人生は何だったの?

ということになりかねません。

それって、とても悲しいことですね。虚しいですよね。

目標を明確にするときには、そうなった後にどうなりたいのか、どのような感情を味わいたいのかを考えておくことが大事です。

逆に、欲しい感情が明確になっていれば、〇〇の目標を達成すること以外にも、その感情を得る方法を見つけることができるかもしれません。

その感情を得られることが、他にもあって、その方が手っ取り早く得られるのであれば、まずはそっちをやった方が良いのです。

そうすれば、欲しい感情を味わいながら目標に向かって進むことができます。

場合によっては、目標を達成しなくても良くなるかもしれません。

「目標達成したら、幸せになれる。」という考え方から、

「幸せを感じながら目標達成する。」という状態になれます。

ということは、すぐにでも、幸せになれるということですね。

こんな素晴らしいことはないです。

幸せになることと、目標を達成することとは、全く別の話にすることができるのです。

今日の問いかけ

今、あなたが欲しい感情は何ですか?

そして、その感情を得られる、今すぐにできることは何ですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム