どうなったら嬉しいの?

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、「感情の利用法」です。

嬉しい

論理的に行き詰まってしまうことがある

目標を設定して、その目標を達成するための行動計画を立てて、それを実行に移していこうとするとき、ときとして、目先のやることに迷ってしまうことってないですか?

あれもやらなければ、これもやらなければ。

もしくは、あれもやっておきたい、これもやっておきたい。

あれもやった方が良いんじゃないか?

と、目標を達成するために必要な行動があれこれ浮かんでくる。

しかも、その一つ一つに、具体的に「それをどうやってやる?」ということまで考えだしたら、迷いが出てきたら、もう収集がつかなくなってしまいます。

そして、頭が疲れて来たり、やる気が低下してしまったりしてしまいます。

感情をうまく利用する

そんなときに、自分に質問してみてください。

「どうなったら嬉しいの?」

つまり、目先のやることはたくさんあるだろうけれども、一旦それらは横に置いておいて、それらを全てやったとして、そしてそれらがうまくいったとして、そうしたら、どんな結果が得られるんだろう?

どうなったら嬉しいんだろう?

というのを考えてみるんです。感じてみるんです。

そうすると、目先のやることの目的がはっきりし、しかも、その目的が果たされることが喜びになるので、目先のやることをどんどん進めていきたいと、モチベーションも上がるのです。

今日の問いかけ

今、あなたが取り組んでいる、その作業をした結果、どうなったら嬉しいですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム