「あの人の◯◯なところが嫌い」の理由

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、「好き・嫌い」です。

嫌い

あなたの中にある〇〇なところが反応している。

「あの人の◯◯なところが嫌い。」

と思うことってありますよね。

その、理由について書きたいと思います。

一番多い理由は、

  • あなたの中にも、◯◯なところがあって、
  • そして、◯◯なところがあってはダメだと思っている。

というものです。

この話をすると、多くの場合、

「私の中に◯◯なところがあるなんて、そんなことはありません!」

という反応があります。

それは、◯◯なところがあってはダメだと思っているので、自分の中に◯◯なところがあるなんて認めたくないだけなのです。

でも、あなたの中に◯◯なところがあって、それではダメだと思っている。

だからこそ、◯◯なところを出さないよう、〇〇なところがあることがバレないように、一生懸命隠している。

それなのにあの人は、その〇〇なところを臆面もなく表に出している。

だから、そんなあの人が嫌いなのです。

もし、あなたの中に◯◯なところがあっても、それがダメなことだと思っていなければ、あの人が◯◯なところを持っていても、イヤだとは思わないのです。

もし、あなたの中に◯◯なところがなければ、そもそも他の人にも◯◯なところがあっても気にならない、気付かないものです。

具体例

例えば、

「あの人は、周りの人の迷惑を考えずに、平気で大きな声で話をするから、嫌い。」

という気持ちがあったとします。

「うるさい! もっと小さな声で話しなさい!」

と言われ続けて育った人や、それで大恥をかいたことがある人は、大きな声で話すことは、ダメなことだと考えるようになります。

そして、自分は大きな声で話をしないようにするはずです。

それなのに、あの人は大きな声で話している。

ダメだなぁ → イヤだ → 嫌い。となるのです。

一方、

「大きな声で、元気がいいね〜。」

と褒められて育った人は、大きな声で話すことは、良いことだと考えるようになります。

そして、自分も大きな声で話をしようとするはずです。

ならば、大きな声で話しているあの人は、素敵だな → 好き。となるのです。

特に、声の大きさをとやかく言われたことがない人は、自分の声の大きさにも、他人の声の大きさにも、無頓着なはずです。

まとめ

ということで、

「あの人の◯◯なところが嫌い。」

の理由は、多くの場合、

  • あなたの中にも、◯◯なところがある。
  • そして、◯◯なところがあってはダメだと思っている。

ということなのです。

今日の問いかけ

あなたは、誰の、どんなところが嫌いですか?


【無料メールマガジン】
コミュニケーションと心理の研究室メールマガジン
略して、コミュ心(こみゅしん)メルマガ
登録はこちら
↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料メールマガジン】
【コミュ心】メルマガ
登録フォーム